留学先を選択:
ホーム > Top

海外旅行保険・医療保険

長期で日本を離れるにあたり絶対に考えておかないといけないのが各種の「保険」です。ここで扱う保険とはその国で医療を受けた場合の医療費を負担する「医療保険」が中心ですが、「海外旅行保険」と呼ばれるものには医療保険に加えて様々な特約が付いた便利なものがあります。ここでは留学中の医療費をカバーするための、様々な保険の利用方法をご紹介します。

日本で海外保険に加入
国民健康保険
クレジットカードの付帯保険
現地の医療保険に加入

出発前に日本で海外保険に加入(推奨)

出発前に大手保険会社などと契約をして、日本を出るその日からサポートされる、一番安心のスタイルです。この方法が最も一般的な保険に加入するスタイルです。
保険会社は、海外保険では世界的に有名なAIU保険が安心です。なんと言っても世界中に展開しているグループの強みか、殆どの海外主要都市でキャッシュレス(保険証を見せるだけ)で治療が可能という点で、非常に安心感があります。日本語のサポートセンターにも各地からローカルコールでかけられます。ここでは、このAIU保険を中心に紹介します。

申し込みはAIUの「代理店」から申し込みます。具体的なプランや保険料は各代理店やプランによっても異なります。書類も質問事項や個人情報を記入するだけで、とても簡単です。詳細はこちらから。

サポート内容

一般の海外旅行保険には、海外で医療を受けた場合の治療費だけで無く、死亡や障害、賠償責任、はたまた携行品の盗難・紛失までサポートしている充実ぶりです。特に短期滞在や高価な物を持参する人にはうれしい特約です。しかし単純に医療費だけカバーしたい・・という人には、なかなか理想の保険商品が見つからない事もあります。

ちなみに、殆どの旅行保険では歯科治療はカバーされません。海外の歯科治療は高額の傾向があります。怪我による一時的な歯の治療はサポートされる事もあるようですが、虫歯治療などはサポートされません。留学中には間違っても虫歯にならないよう日々気をつけるか、渡航前に歯医者で検査を受けて、出来るだけ治療してから渡航するに限ります。その行動だけで、「もしも」の時の数十万円の出費を抑える事が出来るかもしれません。

保険料

さて値段は保障内容によって大きく異なってきますが、代理店で加入出来るプランは決まっているようです。留学生向けの保険は通常二ヶ月以上からサポートされているようです。二ヶ月なら1万5千円~2万円、半年で5~6万円、一年だと10万を超えるケースが多くなります。

★日本の保険のポイント

①出発前に手続を完了しておかなくてはならない。
→日本の保険は、本人が日本出発前に申し込みを完了しておかなくてはならない。本人が現地到着後に加入など現地にいたままでの加入はできない。また日本出発日からの契約をする必要があるので、クレジットカードの後の期間からの契約は残念ながらできない。

②途中で保険会社の変更はできない。
→現地に本人がいる状態で保険会社の変更はできないので、出発前に十分に検討して申し込みをしておくことが必要。

③日本の保険は、大きくわけて2種類ある。
→日本の保険はいろいろの保険会社の商品があるが、大きくわけて2種類。現地で借りたアパート内での空き巣や家主への火災での賠償に対応した商品とそうでない商品がある。留学生用の補償になっているか確認が必要。

つまり、出発前に十分に検討して申し込みをする必要があります。

保険のご相談はこちらから

ページトップに戻る

国民健康保険

国民健康保険(以後「国保」)に加入したまま海外へ行く場合は、滞在中に発生した医療費を帰国後請求する事が出来ます。支払われる額は日本の治療費に換算した額の7割となります。短期留学だったり住民票を残して留学される方は、国保で請求が出来るという事を覚えておきましょう。

しかしながら、例えば海外で受けた治療が日本の相場よりも高額だった場合、たとえ7割の保障であっても日本の相場に換算するとほんのわずかだった・・というケースが考えられる事もあります。また国保の場合、治療を受けると一時的ですが自己負担が必ず発生しますから、留学中の保険として国保だけに頼るのではなく、あくまで海外旅行保険の補足的なもの・・と考えた方がよいでしょう。「どうせ国保に加入しているなら請求しておこう」程度の捉え方が適切でしょう。

手続きの流れ

1.出発前に必要書類を入手する(出来れば)
まず日本の役所で「診療内容明細書」と 「領収明細書」を手に入れます。
またこれらに準じた書類であれば代用出来るので、診察時に医者から同等の物をもらい利用する事も可能です。

2.診療を受ける
診療を受けた場合、まず治療費は一旦全額を自分で支払います。
そして医者に1.で用意した書類への記入、又は同等の書類(診断書や領収書)を作成してもらいます。

3.帰国してから役所で請求
医者で書いてもらった書類を持って役所に行って治療費の請求をします。なお英語の診断書などは日本語に翻訳する必要があります。翻訳は内容が正しければ誰の訳でもよいそうなので、ご自分で辞書を使って綺麗に訳しておきましょう。

ページトップに戻る

クレジットカードの付帯保険

クレジットカードには通常はじめから旅行保険の機能が備わっています。これは自動付帯保険と呼ばれ、カードを所有している人なら手続きや申し込み、保険料の支払いも不要という、とても便利な海外保険です。保障される期間はプランによって異なりますが、渡航から最大90日となっています。サポート内容には死亡、治療、携行品、賠償責任などが含まれます。

保険の対象期間や保障内容はカード会社によって異なり、また保険適用の条件(例えば当該カードを使って航空券を購入したりホテルの決済で使用する等)が設定されている場合もあります。渡航前に必ず適用条件や保障内容、対象期間、手続き方法を確認しておきましょう。いずれにしろ保険期間は渡航日から最大三ヶ月なので、三ヶ月以上渡航予定の方は、「他の保険」と組み合わせて計画する事を忘れようにしましょう。(民間の保険を併用するか、三ヵ月後は現地の保険会社を利用するなどでカバー出来ます)

複数カードの加入について

現在は殆どのクレジットカードには付帯保険がついていて、複数カードを持つのも一般的です。ここで頭によぎるのは「複数のクレジットカードを所有していたら、各社からの保険金額はどうなるのか??」という疑問。「A社とB社の保険金額がそれぞれ支払われてた」と一瞬考えてしまいますが、こうはなりません。実際は以下のようなシステムになっているようです。

★複数の保険を利用する場合の保険金支払いルール

①死亡・後遺障害の保険金(保障金額が最も高いカテゴリ)
→各社の保険のうち最も高い保険金額を限度として、各社で按分する。

②それ以外の保険金
→「各社の保険金額を合算」した範囲内で実際の損害額を限度として、それぞれの保険から按分して保険金が支払われる。

つまり、保険金の上限設定が、死亡・後遺症障害か否かで、違いが出てきます。①の場合は上限設定が一社の保険金額なのに対し、②については各社の保険金額を合算したものになるという事です。実損を超えた保険金が支払われるという事はありませんが、複数のカードを持っている方が補償限度が飛躍的に高くなるという事です(死亡・後遺症障害を除く)。逆に言うと、死亡級の事故が起きた時だけ各社が最も高い保険金額を支払わずに済む・・という、カード会社にとって便利なルールと言えるかもしれません。 いずれにしろ、我々利用者にとっても複数のカードを持っていたほうがオトクという事です。

【参考】クレジットカード会社の付帯保険情報
・Nicosカード
・CITIカード
・三井住友VISA
・JCBカード

ページトップに戻る

現地の医療保険に加入

日本で海外保険に加入しなくても、現地で簡単に民間保険会社の保険に加入する事も可能です。現地の保険会社が、留学生向けに安価な医療保険を販売している事があり。留学エージェントでも、この加入手続きをサポートする事があります。内容は純粋に医療保険のみですが、一日数ドル程度の費用で加入出来る手軽さが便利です。そして、保険内容によっては歯科治療もサポートされる事があります。手続きも非常に簡単。長期滞在で且つ盗難・損害補償などいらない人は、現地で加入してもよいかもしれません。

保険金の受け取り方法

一般的なケースを説明します。(全ての保険が同様のスタイルとは限りません)
実際に治療を受けた場合は、医者に所定のフォーマットに記入してもらい、治療費は一旦自分で立て替えます。その後書類を保険会社に郵送すると、保険会社から小切手で治療費が送付されてきます。従って小切手を換金するために、自分名義の銀行口座が必要となるケースが多い。その為、観光ビザの人(=通常銀行口座を持てない場合)は換金出来ない可能性もあるので、注意しましょう。

ページトップに戻る

必見 !!
海外旅行保険
留学で保険が実際に必要になった実例やトラブル、かかった費用のサンプルこちらから。

エージェント一覧 | 利用規約 | お問合せ | リンク集カナダ学校特集
Copyright (C) 2017 RyugakuAgent.com. All Rights Reserved.