留学先を選択:
ホーム > Top

海外送金ガイド

留学エージェントを利用する場合でも、自分で必ずやらなければいけないのが「海外送金」です。

留学では、学費や生活費など、たくさんの資金を現地へ持って行かねばなりません。この、お金を現地に持ち込む代表的な手段が海外送金で、「海外にある銀行口座あてに、お金を入金する事」を指します。日本の銀行から送金するケースが多いですが、銀行以外からも送金する事ができます。

大金だからこそ、少しでもお得な方法を選びたいところ。そこでこのページでは、海外送金の一般的な知識と、お得な方法についてご紹介してゆきます。

なお、海外送金をするタイミングは、具体的には
「学費を収めるとき(留学エージェントに送金)」
「留学中の生活資金を現地に持ち込むとき」
の大きく2つに分けられます。(「留学手続きの流れ」参考)

手数料について

海外送金には、必ず手数料が発生します。この送金手数料は2種類あります。

  1. 送金をする銀行(日本)に払う手数料
  2. 受け取リ側銀行(海外)に払う手数料

※地方銀行などの場合は直接海外へ送金するルートが無いため、別の銀行を中継して送金するケースもあり、この場合は中継銀行の手数料なども加わる事があります。
手数料の額は各銀行が独自に決めているため、金額も異なってきます。以下に示す各銀行の比較をご覧下さい。

海外送金手数料比較(2008年2月現在)
ゴーロイズ/CITIBANK :2000円 ※
三菱東京UFJ銀行 :3500円
新生銀行:4000円
三井住友銀行:4000円
りそな銀行:4500円
みずほ銀行 :5500円
※ ロイズは事前の登録が必要。CITIBANKで2000円で送金するには一定の条件を満たす必要がある。

上記は、送金する銀行にかかる手数料のみで、受け取る銀行の手数料がこれに加わる形となります。受け取り側の手数料も銀行によって様々ですが、北米の場合、およそ10~20ドル(カナダ・アメリカ)程度になります。

レート

海外送金時に適用される為替レートは、電信レートであるTTS(銀行が顧客に外貨を売るときの電信レート)を基準に、各銀行が独自に決めています。したがって適用されるレートは銀行により異なりますが、どこもほぼ近いレートが使われているようです。ただし、ゴーロイズの送金サービスは、統計的に他行よりも安いレートが使われている模様です。

現地の口座開設は簡単

留学先で、英語で自分の口座を開くことに不安を持つ方も多いことでしょう。
しかしこの点は、まったく心配する必要はありません。

留学先としてポピュラーな都市なら、銀行員も留学生の対応は慣れていて、留学生の口座開設は何百回としています。一般的に留学生が銀行口座を開くのは海外へ到着したすぐ後。でもその頃は、まだ英語がうまく話せない人ばかりです。そんな方たちでも、問題無く口座を開けているのが事実です。

また、留学先へ着いて知り合った人に経験談を聞いたり、または留学エージェントに聞けば、お薦めの銀行や開設方法などを教えてくれるでしょう。この点でも、現地にある留学エージェントは心強いものです。

ページトップに戻る

必見 !!
海外旅行保険
留学で保険が実際に必要になった実例やトラブル、かかった費用のサンプルこちらから。

エージェント一覧 | 利用規約 | お問合せ | リンク集カナダ学校特集
Copyright (C) 2017 RyugakuAgent.com. All Rights Reserved.